Stampers magazine

スタンプで知る!日本の方言〜広島弁「コア編」〜

2015.02.06みなこ

カテゴリー: 広島弁
スタンプで知る!日本の方言〜広島弁「コア編」〜

「マッサン」や「仁義なき戦い」で耳にする、「〜してつかあさい」という広島弁、実は私(広島生まれ・広島育ち)でも使ったことがありません。たまに耳にしますが、使っておられるのはご年配の方に限られているように思います。
そこで今回は、若い人たちの間であまり使われなくなりつつある、コアな広島弁をご紹介します。

その1 「いなげな」=変な、おかしな

image1

おそらく「異(い)なこと」の「いな」に、推量の助動詞「げな」がついているのでしょう。
広島の人からも「どういう意味?」と聞かれることがあります。
例:あの人ちいといなげなけえ、近寄りんさんな=あの人ちょっと変だから近寄らない方がいいよ
例:いなげなこと言うね=おかしなこと言うね

その2 「こがいなけえ」=こんなふうだから

image2

「こ」「そ」「あ」「ど」+「が(があ、がい)」の組み合わせで、「このよう」「そのよう」「あのよう」「どのよう」という表現になります。

元宮崎県知事の東国原英夫氏の「どげんかせんといかん」というフレーズを広島弁で言うと、「どがいかせんといけん」になるのです。

ちなみに「が(があ、がい)」は「こ」「そ」「あ」「ど」以外にも接続します。
例:ええがにいかん=うまくいかない

image3

その3 「やねこい」=しんどい、難しい

image4

「基本編」でご紹介した「たいぎい」(=面倒くさい、体などがしんどい)とほぼ同じ意味で使えると思いますが、個人的には「面倒くさい」というニュアンスでは使っていません。
そして、若い人には「ご年配の使う広島弁」というイメージがあるそうです(筆者調べ)。うちゃ、よう使いよるんじゃけどね…
例:今日はやねこいけ、はあもう寝る=今日はしんどいから、もう寝る

いかがでしたか?
普段から上記広島弁を使っているアナタは見事な広島弁マスターですね。
次回は、広島の人なら必ずしている(?)「挨拶編」をご紹介します。

スタンプで知る!日本の方言〜広島弁シリーズ

記事を書いた人

みなこ

広島で生まれて広島で育ったんじゃけ、標準語じゃ思い込んどる広島弁がいっぱいあるわいね。お風呂に入ったら、体は洗うんじゃのうて「する」んじゃろ?広島弁を喋るネコのスタンプを販売しとるよ☆
http://line.me/S/sticker/1027475
http://line.me/S/sticker/1056969

みなこさんが作ったスタンプ